私の母は、家庭菜園が生きがいでいろいろな野菜を育てています。

しかし、畑仕事ってけっこう重いものを持ったりするので肩こりも酷いんですよね。

そこで、実家に帰った時にはいつも母の肩こりが江戸川区に住む私は実家へ来る度に少しでも良くなるようにと、たくさんマッサージすることにしています。

 

本当なら毎日でもやってあげたいけれど、私も結婚して子供もいるので家から車で2時間かかる実家へはそんなにしょっちゅう出かけて行けません。

その分、行った時には思う存分母にマッサージをして、肩こりをすっきりしてもらうようにしています。

 

まずは、濡らして軽く絞ったタオルをレンジにかけて蒸しタオルを作り、それをビニール袋に入れて肩にあてます。

肩と首筋にタオルをあてている間に、頭皮をマッサージしていきます。

肩こりになると、頭痛がすることもあるので、なんとなく頭皮マッサージしたほうが良いかなと思ってやっています。

肩を最初に温めることで、血行がよくなりすごく気持ちいいみたいです。

 

それから、タオルをとって首筋と肩をしっかりほぐしていきます。

最後に、背骨に沿って背中全体をマッサージしたら終了です。

このマッサージは私が子供の頃からやっているので、母にとってもマッサージ師さんにやってもらうよりも気持ちいいといつも言ってくれます。

最近何となく疲れがとれないということは無いでしょうか。そのような症状が出ているときは、体のケアをしてあげることが必要なのかも知れません。

体のケアは、お風呂に入ったり手でマッサージをするなど自分で出来ることもありますが、症状が長引いていたり痛みが強い場合などは、

専門家に頼ることも大切です。体の痛みをケアする専門家と言えば、整形外科や整骨院などが考えられますが、そのような所へ通っていても、

症状が改善されなかったりすることも良くあります。そんなときに友人が仙台の整体へ行ってみたら症状が改善されて楽になったという話を聞きました。

整体は、健康保険が適用される医療行為ではないので、費用が数千円と高くなるのが特徴です。

整体師とは、整骨院の先生のように国家資格を持っているわけではないので、勉強すれば誰でもなることが出来ると言われています。

そのため、整体師によって腕の良し悪しにかなりの差があると言われており、腕の悪い整体を受ければトラブルの元になることもあります。

自分の健康を守る為には、腕の良い整体師を見つけることが必要です。

今ではインターネットを使えば全国の評判の良い整体を探すことが出来るので、実際に整体に通っている人の口コミなどを読むと大いに参考になるでしょう。

ハンディターミナルは進化を続けています。以前は、読取るものと言えば、2次元のバーコードだけでしたが、デンソーウェープ株式会社が開発したQRコードが読み取れるようになり、読み取れる内容や容量を上げることができるようになりました。

このように読み取ることが多くなればなるほど、POSと連動した際にサーバーに送信できるデータの容量が大きくなり、その収集したデータを解析してマーケティングに利用できる範囲も広がってきます。バーコードとQRコードの決定的な違いは、バーコードでは13ケタの数字のみを表現することが可能ですが、対してQRコードではアルファベットなど英数では、数千字を入力することが可能です。ですから、POSで読取った際に、商品の情報だけでなく、例えばユーザーの会員証代わりにして、その会員証にさまざまなデータを仕込ませたうえで、QRコード読み取り機能付きのハンディターミナルで読み込みを行い、それにPOSを通してデータを送信することで今までにない様々なデータを送信することが可能となります。

 

このようにハンディターミナルも多くの進化を遂げ、その入力できる内容は増えてきています。これからQRコードのみならず、その他の手法が開発され、データ容量だけでなく、読取り精度も上がっていくことでしょう。

 

私の会社は、ただ今ハンディターミナルの導入を会員証で検討中です。但し、現在ハンディターミナルはレンタルです。1ヶ月体験導入してデータ管理を体験して導入に踏み切るかどうか検討するのだそうです。

フィットネスクラブというのは、ほかに「スポーツジム」や「フィットネスジム」などとさまざまな呼び方があると思います。私の周りでは、フィットネスクラブやスポーツクラブと呼ばれる方が多いです。ジムという人も多いですが。フィットネスクラブの呼び方が中でも多いのではないかと思います。自分の家や学校の部活動などで身体を動かすこともできますが、トレーニングに使う機材など多くそろえてあるのがフィットネスクラブ・ジムだと思います。ジムでは、トレーニングが専門のインストラクターやトレーナーの方から直々に教われるレッスンがあります。フィットネスクラブ・ジムはトレーニングを行うための施設です。健康ブームで以前より、近年の方がお得なサービスが展開されていて、多くの人が利用しています。サービスでは無料で受けることができる場合がほとんどです。健康のためにジムに通って身体を動かすことは大切だと思います。ジムには、ダイエットで通われる人もいます。ウエストを細くしたい方やお腹が出てきたのでへこませたい方などいろんな目標をもってジムに通われる方もいらっしゃると思います。身体を動かすことが好きでジムに通い運動をしている方もいると思います。私も中目黒のジムに通い始めて、体を動かす快感にはまっています。

私の実家のある地域は、田舎のせいかとても保守的な考え方の人が多いです。

私の両親も御多分に漏れず、どちらかというと閉鎖的な昔ながらの考え方をしています。

 

私が、結婚を考えている人がいると両親に話した時の出来事です。

その後、両親に引き合わせたのですが、どういった人なのかきちんとわかってから結婚した方が良いということで、

興信所に熊本まで出向いて彼の素性を調査してもらうという話をしているのを耳にしました。

 

私は、興信所と言えば浮気調査や人探しなどの時に利用するもので、まさか結婚相手の調査に利用するなどということは

思いもよりませんでした。

 

しかも、相手を信じていれば調査を依頼する必要はないので、調査を頼むということは相手を信頼していないという

意味にも聞こえ、とても嫌な気分になりました。

 

その話を近所に住む結婚をした友達に話したところ、その友達も結婚前に興信所に依頼して、結婚相手を調べたというではありませんか。

都会では考えられないことだと思いますが、田舎では普通に行われていることだということがわかりました。

 

結局興信所にお願いして調べてもらいましたが、不都合な部分は全く見当たらなかったので、結婚をすることが出来ました。

もちろん、夫は今でも自分が調べられたということは知らないと思います。

古都 京都。

この響きに惹かれて私が京都に旅にでたのは何回でしょうか。

 

主に自由のきく学生時代にふらりと行く旅行でした。

 

 

しかし、社会人になってからあるときめっちゃ京都に行きたくなったときがありました。

普段は2泊3日ぐらいの短い旅行なのですが、その時だけ長めに滞在してみました。

珍しく長めに休みがとれたんです。

 

7泊8日の長期滞在。

となると気になるのが、宿泊場所です。

京都の宿はすごく様々。

リーズナブルな宿から一泊何万円もするような高級な宿まで。

はたまたホテルというのも選択の一つですよね。

今だったら、外国人の方がベタ褒めしていたある宿が気になっていたりしますけど。

 

そのときはあんまりお金もなくって、2泊だけいいホテルをとりましたね。

京都駅近くで利便性がばっちりなあたりが気に入って。

 

残りは錦市場近くの素泊まりの小さな宿に連泊しました。

錦市場の近くっていうのも気に入ったし、

なんか京都の古い宿って感じで趣もあって好きでした。

長期の旅行だったので日程もゆったりくんだので、

錦市場をぶらりとしてご飯を買ってお部屋で食べたりね。

少し裏道に入ったところにあるイタリアンのお店のジェラートがお気に入りで

何回か買っちゃいました(笑)

 

値段・交通・利便性などなど

自分の目的に合わせて多種多様な宿の中から選べるのが

京都の宿のいいところですね。

次は京町家にも宿泊してみたいですね。

夫がなくなると当然に妻が相続人になり、子どもがいればその子どもが妻とともに相続人となります。しかし子どもがいない夫婦の場合は妻と夫の親が相続人となり、夫の親がすでに他界している場合は妻と夫の兄弟が相続人となるわけです。

つまり妻はどんな場合も当然に相続人となり、子どもは第1順位の相続人、夫の両親が第2順位、夫の兄弟が第3順位の相続人となるのです。

大抵、妻と子どもの場合や妻と親の場合はもめ事は少ないのですが、妻と夫の兄弟という場合はもめることが多々あります。年齢的にも親は夫より先に亡くなっていることが多いので、子どもがいない場合は死後のもめ事をさけて、妻に相続させるために遺言書を作成しておくのが良いと思います。

そして、一番もめそうなのが内縁関係の妻の場合です。法律では内縁関係でも相続は認めていますが、親族の心情としては面白くないという気持ちがあるようですので、遺言書は必要です。

さらに気を付けておきたいのが夫の結婚前のことです。今の時代は割とオープンですが、昔は再婚であることを隠したり、前妻との間に子どもがいることを隠して再婚するケースがありました。そうなるといざ相続が始まると自分の全く知らない相続人が出て来たりすることがあります。もちろん、相続人である以上遺産分割の協議に参加しなくてはなりませんし、もし、相続しなてもそれなりの手続きが必要なのです。

 

http://tsubame-souzoku.com/

家庭教師って、いまではなんだか専門家みたいなひとがくるようになりましたね。私の甥が頼んでいたひとは、会社から派遣されてきた家庭教師でした。若いので学生かと思っていたら、これが本職で、つまり家庭教師だけの収入で食べているんだといっていました。そんなにちゃんとしたお給料をくれるんだと思って、びっくりした覚えがあります。

私が大学生の頃などは、家庭教師は学生アルバイト専門でした。今から20年くらい前の話ですね。私も頼まれて、学生の頃広島で家庭教師をしたことがあります。当時私はコンビニでアルバイトをしていたですが、コンビニの店長さんから娘さんの家庭教師を頼まれたのです。

どこからか、私が国立大の理系に在籍していることをきいたようです。理系といってもたいした学科ではありませんでしたし、なによりも中学生に教えたことなんかありません。はじめは断ったのですが、事情を聞いて引き受けることにしました。

なんでも娘さんは、ちょっと登校拒否気味なのだとか。原因はよくわかりませんが、週に2日ほどはうちにいました。親御さんとしては、なんとか家族以外の人間と会話をさせたいので、勉強はそんなに教えなくてもいいから来てほしいといわれました。

中3の娘さんだったので、週に2日、数学を中心に見ることにしました。やらせてみると頭がいい子で、逆にこっちが間違いを指摘されることもありました。くだらないことを話したり、1時間一緒に漫画を読んだり、そんなことばかりしていました。

最終的には娘さんは公立高校に合格しました。親御さんにお礼を言われましたが、たぶん、私がいなくても合格したと思います。何を教えたのかまったく記憶にありませんが、1年間いろいろな話をしたことは覚えています。

私の通ってる美容室は日立市にあります。そこの美容師さんは、髪について色々教えてくれます。お陰でスタイリングに失敗しなくなりました。みなさんにも私が教えてもらったスタイリング剤についての情報をご紹介しますね。

洗い流さないヘアトリートメントは、クリームタイプやオイルタイプやミストタイプが多く、ドライヤー前に使用するそうです。髪のコンディションを整え熱から守るそうです。紫外線防御成分が配合されていることも多く、髪のUVケアには必須アイテムだそうです。ブローローション・カールローションとは、ミストタイプのものが多くブローやアイロン、ホットカラーなどでカールを付きやすくし持続性をアップするそうです。また、熱からも髪を守ってくれるそうです。ヘアウォーターとは、寝癖を直すときやヘアコンディションを整えるときに使用するそうです。ミストタイプのものがほとんどだそうです。トリートメント成分なども入っているため、髪を扱いやすくするそうです。スタイリングフォーム・ジェルローションとは、ジェル状のスタイリング剤でセット力はハードなものが多いそうです。乾いてからでも質感がウェットな感じでショーを向きだそうです。スタイリングミストとは、セット力はハードで立ち上げたいところに使用するそうです。ポイントメイク用だそうです。オイルスプレー・トリートメントスプレーとは、セット力はほとんどないそうです。髪のツヤ感をアップするためのものだそうです。

バイクを持っていなくともテレビCM等でここ数年よく見かけるようになった「バイク買取」。しかし、私のようにバイクを持っていない人にとっては、まだまだイメージの湧かない手段ではないでしょうか?そこで、これからバイクの買取を検討している方にもわかりやすいように、私なりに初心者目線でちょっと調べてみようと思います。

結論から言いますと、所有者と売却者の名前が同じであれば問題はありませんが、違った場合には委任状などがあれば、自分が所有していないバイクでも売れるようです。委任状とは書類に記載された本人が、売却者に対して名義変更の手続きの一切を委任するものであり、これには印鑑証明書とその印鑑証明書に登録された同じ印鑑をついた委任状が必要となり、この二つがない限り名義変更が不可能になってしまうので、事前に用意が必要のようです。この委任状を業者に渡し、業者が名義変更を行います。面倒になるような事はなさそうです。但し一部の悪徳業者には必要書類だけを受け取り、現金は後から振り込むと言って車両の名義変更を済まし代金を振り込まない業者がいるようなので、書類の受け渡し時には、必ず現金取引にするように心掛けた方がよさそうですね。

 

http://urukaunet.net/